自律神経失調症はゆっくり改善しよう|笑顔が戻る日

医療従事者
このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸の健康は大切です

聴診器

大腸がんは早期に発見すれば治る可能性が高いので、症状が出た場合は早く病院に行くべきです。また、大腸がんの予防のために、規則正しい生活を心掛けたり、適度な運動をすることも大切です。治療では複数の治療法の中から選ぶことができ、治癒した場合は生活や食事に気をつけて、定期的な検査を受けることをお勧めします。

もっと読む

原因不明の体調不良なら

男性医師

人間の血管やリンパ管、内臓などは常に生命維持のために動いていますが、それをコントロールしているのが自律神経です。自律神経の働きは悪くなると、血流がわるくなったり呼吸が荒れたり動悸が激しくなったりします。自律神経の乱れが体調不良を引き起こしますが、臓器自体が悪くなっていたりウィルスや細菌などが繁殖しているわけではないので、病院で検査しても異常なしという結果になってしまいます。自律神経はさまざまな臓器にさまざまな働きをしているので、自律神経失調症と一口で言っても様々な症状があり個人差が大きいものです。体の調子が悪いと思ったら、まず内科に行くことをおすすめします。または、自律神経失調症と更年期障害の症状は似ているので、女性の場合は婦人科に行くのもおすすめです。それでも、原因がはっきりしなかったり症状が改善されない場合は心療内科に行きます。

西洋医学は、臓器に異常が出た場合に正常に戻すことをメインにした医学です。なので、自律神経失調症の場合は、身体のバランス調整をメインとした東洋医学を利用した方が効果があるケースも多いです。現在の医師は、西洋医学だけでなく東洋医学も学んでいる医師も多く、特に自律神経失調症を扱う分野では漢方に詳しい医師が大勢います。自律神経失調症は、不規則な生活や精神的ストレスが原因になっていることが多いので、まず生活を見直すことが大切です。自律神経失調症は病巣があるわけではないので、薬を飲めばすぐに治るというものではありません。体のバランスをよくするためには、時間が必要です。個人差も大きいですが、自律神経失調症の症状が出たら、早く治療を始めた方が早く治ります。

腸内細菌の働きで健康に

男性患者とドクター

腸内細菌の一つであるエクオールを摂取することでエストロゲンとプロゲステロンの2つのバランスを整え女性ホルモンの乱れである更年期障害の緩和や美容などに効果的で、いつまでも若々しい体つくりが期待されます。

もっと読む

胸腺に腫瘍ができるのは稀

女医

胸腺に腫瘍ができる病気を胸腺腫瘍といいますが、発症する人はごく僅かです。胸腺がんも同じように胸腺に腫瘍が出来ますが、胸腺腫瘍とは違う病気として扱われています。治療法は手術による腫瘍の摘出が一般的です。

もっと読む