胸腺に腫瘍ができるのは稀|自律神経失調症はゆっくり改善しよう|笑顔が戻る日

自律神経失調症はゆっくり改善しよう|笑顔が戻る日

ハート
このエントリーをはてなブックマークに追加

胸腺に腫瘍ができるのは稀

女医

胸腺腫瘍は、胸骨の裏側にある胸腺と呼ばれる臓器に発生する腫瘍の事です。胸腺はTリンパ球という白血球を作っており、感染などから体を守る免疫機能としての役割を持っています。胸腺は思春期頃に最大となりますが、その後は年齢とともに退化し、その機能を失っていきます。似た症状として胸腺がんがありますが、胸腺腫瘍との違いは進行のスピードです。胸腺がんは腫瘍細胞の増殖が速く、他の部位に転移するといった性質を持っています。胸腺腫瘍は、比較的ゆるやかに腫瘍細胞が増殖し、他の部位に広がることは稀ですが、進行すると広がっていく可能性があります。成人の胸腺は機能を失っているため、腫瘍が出来ても自覚症状が出にくく、症状が出た時には腫瘍が大きくなっている事がほとんどです。

胸腺腫瘍を発症することは非常に稀だといわれています。胸腺がんも同様で、発生率が非常に低い病気です。症状が進行すると咳や呼吸困難などが引き起こされますが、初期の段階では自覚症状が出にくいので、胸部X線検査で見つかることがほとんどです。胸腺腫瘍を発症する人には、重症筋無力症や関節リウマチなどの病気を持っている方が多く見られます。胸腺腫瘍の治療法は、基本的には手術により腫瘍を取り除くという方法です。手術によって目に見える腫瘍を摘出した後、放射線によって残った腫瘍細胞を取り除くこともあります。また薬剤によって、腫瘍の増殖を抑えるといった化学療法による治療も行われています。腫瘍は摘出しても、時間が経って同じ場所に発生することがありますが、予後は比較的良好な事が多いです。