腸内細菌の働きで健康に|自律神経失調症はゆっくり改善しよう|笑顔が戻る日

自律神経失調症はゆっくり改善しよう|笑顔が戻る日

ハート
このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内細菌の働きで健康に

男性患者とドクター

思わぬ落とし穴

女性ホルモンと似たような効果が得られると代替品として、大豆イソフラボンを摂取することが進められてきました。しかし、実は効果が現れないといった症状が数多く聞かれました。似たような成分だから、大豆イソフラボンを摂取すればいいと思われがちですが、人間の体の中では必ず腸内細菌というものが存在します。その腸内細菌の中でもエクオールという細胞がないといけません。効果が見られなかった人の多くが摂取してもエクオールが働かなかった為に、様々な症状緩和といった効果が得られないのも一つとして考えられました。昔から現在にかけて、魚や大豆製品を食べる人は年々と減っています。これらの製品を摂取することで得られるので、欧米に比べれば多いですが自然に作れる人は2人に1人しかエクオールを作れないとうデータも出ています。

2つのホルモンバランス

更年期障害や美容など、すべての条件において腸内環境を整えることが大切です。エクオールを摂取することでエストロゲンという卵胞ホルモンが働きます。このエストロゲンは女性らしい体を作り、基礎体温を下げ、自律神経などをコントロールします。このエストロゲンを最大限に発揮することが美容によく更年期障害緩和につながると考えられています。女性はこのエストロゲンともう一つのプロゲステロンという黄体ホルモンを交互に作用してコントロールしています。このエストロゲンとプロゲステロンが乱れることで、体の不調などが出てくる原因になります。そのためエクオールによって、この2つのホルモンをバランスよくすることで更年期障害などの緩和につながります。